×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

肥満と生活習慣の関係

「肥満」とは、長年の間違った生活習慣によってひきおこされるものであるという考え方があります。そのような肥満を解消するためには、単に摂取カロリーを減らすダイエットをするだけではなく、自分が肥満状態に陥ってしまった原因を見つけ出し、その対策を立てることが重要でしょう。正しい生活習慣を身につければ、ダイエットの進行にもきっと役立つはずです。
では、ダイエット中の正しい生活習慣とは、どのようなものでしょうか?まず、食事の回数は、朝、昼、夜の1日3回をきちんと守ることが大切です。それぞれの食事のバランスは、エネルギーが必要となる朝食と昼食はしっかり、そして、それほど多くのエネルギーを必要としない夕食は軽めにするのが良いでしょう。食事はよく噛んで、ゆっくり時間をかけて摂ることが大事です。当たり前のことですが、ダイエット中は食べ過ぎに注意しましょう。アルコールなどの嗜好品や間食も、ダイエットのためにはできるだけ控えたいものです。
精神面においては、ダイエットの大敵であるストレスに注意する必要があります。ストレスは過食の原因ともなるものですから、決してため込まず、自分なりの方法で適宜解消していくことが大切です。

ダイエットの目標設定

ダイエットをする際には、「体重何キロ減を目指す!」というような数値目標を掲げる人も多いことでしょう。でも、全く同じ身長・体重でも、太って見える人とスラリと痩せて見える人がいるように、ダイエットで理想的なプロポーションを手に入れるためには、単に体重だけを減らせば良いというわけでもないようです。
ダイエット中には、毎日体重を測って記録をつけることはとても大切な作業といえますが、体重だけにとらわれてしまうのはあまり賢いダイエット方法とは言えないかもしれません。あらかじめ自分で設定しておいたカロリーを、栄養バランスの取れた食事できちんと摂取していれば、体重のちょっとした増減はそれほど気にする必要はないということができます。急激な体重の減少は、やつれた印象を人に与えることもありますから気をつけなければなりません。
ダイエットに加えて簡単なエクササイズやマッサージなどを取り入れ、メリハリのあるボディを目指してみてはどうでしょうか。体重の減り方は緩やかであっても、外見上は大きな変化が期待できるかもしれません。ダイエットの目標設定をする場合には、「こんなふうになりたい」という理想的なボディのイメージをしっかり持つことが、とても重要なのです。

ダイエットに挫折しないために

適切で効果的なダイエットをするためには、いろいろと気をつけなければならないことがあります。早食いや大食い、また過激なダイエットなど、やってはいけない禁止事項も多くあるものですが、ダイエットに一番必要なのは、気楽に楽しく続けていくことだといえるのではないでしょうか?効果を焦らず、ゆっくり時間をかけて継続して実践するというのがダイエットの「コツ」ですが、ストレスの多いダイエットは、決して長続きしないものです。
ダイエットをするのに、特別なことは実は何も必要ないのかもしれません。規則正しい健康的な生活・食生活と続けていれば、体のコンディションが整い、体がよく動くようになり、代謝もアップし、次第に痩せやすい体になっていくのではないでしょうか。遠回りに思えるようでも、コツコツと地道な日々の努力を積み重ねていくことが、成功につながるということができそうです。
ダイエット仲間を作るのも、楽しみながらダイエットをしていくのに役立つかもしれません。くじけそうになった時には、お互いに励まし合うこともできるので、一人きりでがんばるよりも、挫折や失敗の可能性は低くなるということができそうです。ダイエットブログなどを活用するのも、ひとつの方法でしょう。

Copyright © 2007 ダイエットに挫折しないために